真空成型品の箱詰め作業を始める前にハンパ(前回生産時の残り)と製品名のラベルと

トリミングカード(作業指示書)と段ボール箱を用意をする。

段ボール箱を持って行く前に必ず電卓で真空成型品の出来高を計算をしてから

必要な数の段ボール箱を持って行く、箱詰めが終わったらラベルをはって

トリミングカードのうらに出来高の履歴を記入し、パソコンにも出来高を

入力してから残ったもの(段ボール、ラベル、トリミングカード、袋など)を

全部 責任を持って片付けます。

この記事を書いた人

永松