毎日、真空成型品の箱詰めの仕事をする前に

必ずハンパ品( 1ケースの数量になっていないものを言う)を

2階のハンパ品置き場から1階の工場へエレベーターで下してから

作業をします。

 

 

1つの製品が全部終わると、ハンパ品に製品名・数量・日付を表示して

2階へエレベータで上げてハンパ品置き場に置きます。

出荷の荷物を作る時にハンパ品がないかを確認してから

作業するようにしています。

この記事を書いた人

永松