こちらの製品をお作りする事になったのは

弊社のページをご覧になったある企業さまが図面の掲示と共にメールで

お見積りのご依頼を下さいました。

このような時、技術者は即時電話で図面を先方と確認いたします。その際に成型可能かどうかを回答いたします。
この案件では、図面通りでは成型が出来ないと判断。
しかし、「テーパーを付ければ可能です。」と回答しました。

その後、ご連絡は途絶えて2ヵ月が経過した頃 再度ご連絡が入りました。
「御社で成形をお願いしたい。」とおっしゃり提案通りに試作をさせて頂き、ご了承下さいました。

 

その企業は大変遠方だったのでなかなかお伺いする事が出来ませんでしたが新規に次のご要望があるとお聞きしていよいよご訪問のチャンスが出来ました。ご担当者に「なぜ、あの時2ヵ月ほど時間が空いて再度ご連絡下さったのですか?」 とお聞きしたところ

「他にも何件か出来そうなところを当たっていましたが、どこも出来ないと言われたが御社だけが提案をしてくれたのでお願いしたいと思った。」と言われました。

真空成型の不得意なものの一つにポケットなどの凹みの間口寸法に対し、同じ寸法以上は成形が難しいとされています。その難しさを解決した製品でした。

精密機器や精度を要するものは どうぞお任せ下さい。精一杯、ご要望にお応えさせて頂きます。