先日、成形オペレーターから「離型の調子が悪い」と言われ、

電気系統の確認をしてもらいました。

しかし、問題ないと言われ、真空バルブを確認したところ

Oリングが破損していました。

応急処置として、輪ゴムを何本も重ねてはめて、その時は何とかしました。

作業終了後、バルブと配管をはずし社長が修理工場に持って行き、修理をしてもらいました。

それでもまだ調子が悪かったので、電磁弁を交換したら正常に動いてくれました。

機械を作っている会社が無くなってしまったので、こういう時は非常に困ります。

電磁弁の予備を購入しておこうと思います。

この記事を書いた人

岩本