先日、真空成型品を成形し、最後に1ショットごとにカットされて半製品が入る、「受け箱」を修繕しました。

どこを修繕したのかというと、受け箱の周りを、修繕前は布ガムテープで補強していたのですが、その布ガムテープの糊や劣化したものが、真空成型品に付着してしまったりしていたので、修繕することにしました。

%e5%8f%97%e3%81%91%e7%ae%b1

以前は真空成型品の材料であるシートを切って、布ガムテープで貼っていたのですが、それをやめ、プラスチックでできた段ボール(通称:プラ段)をテープを使わずに周りに貼りました。

これにより、以前起きていたテープの糊や、静電気で劣化していたものが付着することを防げるようにして、クレームになることが無いようにしました。

まだ途中なので、すぐに直したいと思います。

この記事を書いた人

橋本
橋本